東大阪市 空き家サポート空き家の相談室

お問い合わせ0120-666-095
営業時間 9:00〜20:00/水曜定休

お問い合せ

空き家の
問題解決例

近い将来、親や親族の住まいや土地を相続する可能性がある、一人で住んでいる高齢の親の介護施設への入所を考えているなど、空き家の問題は、ある日突然、あなたの身に降りかかってくるかもしれません。相続やご家族のライフスタイルの変化など、空き家に関わることは、誰に起こっても不思議ではないからです。

空き家の買取ケース

  1. 1狭小地に建つ家の買取
    狭小地に建つ家は固定資産税もそれほど高くなく、長年、倉庫がわりに使われていました。しかし、いつしか訪問することもなくなりそのまま放置。「特定空家」の要件に該当することが考えられたため、早期に現金化することを望まれて買取。
  2. 2自宅続きの工場と倉庫の買取
    小規模で自営していた父親が高齢になり、介護施設に入所することになった。自宅続きの工場と倉庫が不要になったため、売却に出していたが、なかなか売れなかった。空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除のことを考えて買取。
  3. 3相続後、すぐに現金化が必要
    親が一人で住んでいた家を3人の兄弟で相続。兄弟はそれぞれ別の土地で暮らしていたため相続には現金化して等分することが最適と考えて売却か買取を考慮。当初仲介による売却を行なっていたが、買主との交渉で兄弟が揃う時間がとりにくく買取の方向で話がまとまった。
  4. 4連棟長屋の売買仲介
    長年、使っていなかった連棟長屋の内部を大幅に改装して賃貸化。入居者が入った時点で収益物件として売りに出した。買主が現れるまでは賃貸収入が入るので長期的な考えで買主を探した。
  5. 5相続した木造アパートを売却
    空き室が目立つ木造アパートを相続。相続税のこともあり、すぐに現金化できる買取を当初検討したが、管理も任せられることから仲介で売りに出すことに決定。買主との交渉なども、地元の情報に精通していることから相場にも叶った金額で売却。